体の部位によってのイボ解説!


手のイボ

手は周りの人だけでなく、自分の視線にも入る身体の部位であるため、そこにイボがあるたびに心が落ち込んでしまうという声もあります。さらに、手というのは頻繁に使うということもあって刺激に触れやすいという特徴を持っているため、それによって刺激を与えてしまったり、潰れてしまったりすることもあります。そうした場合、悪化してしまうこともあるので注意が必要です。

手にできるイボは多数ありますが、その中でもウイルス性のイボは特にポピュラーなものだと言われています。何故なら、手は様々な場面で使われるため、自分では気付かないうちにあかぎれやささくれなどといった小さな傷が出来ていることがあります。しかし、いくら小さいとはいえ、ここがウイルスの玄関口になってしまうのです。また、手にできるタコは物理的な刺激によって皮膚が硬くなるものなのでイボとは根本的に違います。間違えないようにしましょう。

手のイボを無くすためには肌のバリア機能を保つことが重要です。自宅で出来る簡単なケアとしてはハンドクリームでこまめに潤いを与えることが挙げられます。また、ウイルス性のイボの場合は家族で生活していると感染してしまうかもしれません。そのため、自分の容器や食器などは自分で管理することによって感染リスクを減らすことが出来ます。

Copyright © 体の部位によってのイボ解説!, All rights reserved.