体の部位によってのイボ解説!


顔のイボについて

顔に出来るイボは1つだけではありません。ウイルス性のイボや脂漏性角化症が主なものとなっています。また、イボは疣贅(ゆうぜい)と呼ばれることもありますので混乱しないように気を付けましょう。また、ウイルス性のイボは剃刀負けなどの引っかき傷からヒトパピローマウイルスが入り込んで細胞に感染して発症します。

加齢によって起こる脂漏性角化症は皮脂腺に出来やすいという特徴を持っています。平べったく盛り上がっていて、濃い茶色や黒っぽいような色をしています。こちらは60代の8割、80代に関しては100%の確率で高齢者がかかっている病気とも言われているため、老人性疣贅と呼ばれることもあります。この原因は紫外線であり、顔は特に紫外線が当たりやすいため発症しやすい傾向にあるのです。

では、顔のイボを作らせないようにするにはどうしたら良いのでしょうか。まず、ウイルスを入り込ませないようにする習慣が大切です。顔に傷を付けないように剃刀負けには気を付けましょう。また、引っかき傷もイボの原因となるため、痒みの元となるアトピーなどの治療にも専念することが重要です。また、肌のバリア機能を守るために保湿を欠かさないようにしてください。

Copyright © 体の部位によってのイボ解説!, All rights reserved.